矯正治療とは

矯正治療とは・・・

本来歯には、力を加えられると力が加えられた方向に移動する性質があります。その性質を利用して、適合する矯正装置を装着、歯に一定の力を持続的にかけて少しずつ動かし、悪い歯並びや噛み合わせ、いわゆる不正咬合を治すのが歯列矯正です。

 

 
矯正治療のメリット
◆他人に良い印象を与え、ご自身もおもいっきり笑顔になれます。

◆食べたものが口の中にたまりにくくなり歯みがきなど口のケアも簡単になります。

◆口臭の軽減にも役立ちます。

◆食事がおいしくいただけます。

◆胃腸の負担が軽くなります。

◆噛むことが脳を刺激して、頭の働きを良くすると言われています。

◆発音がより明瞭になります。

◆あごの関節の痛みや音などの症状、肩こり腰痛偏頭痛などいわゆる不定愁訴の軽減がみられます。

◆歳をとっても歯を残しやすくなるので、健康ではつらつとした老年を将来迎えることが出来ます。

不正咬合の種類

不正咬合の種類
不正咬合には、上顎前突(じょうがくぜんとつ)、下顎前突(かがくぜんとつ)、開咬(かいこう)、叢生(そうせい)、上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)、過蓋咬合(かがいこうごう)、交差咬合(こうさこうごう)、正中離開(せいちゅうりかい)、切端咬合(せったんこうごう)などがあります。

成人矯正について

成人矯正とは、大人になってから始める矯正のことです。昔は、矯正治療というと子供が行うものというイメージが強かったのですが、最近では矯正治療も多様化し、ニーズにあう矯正治療を選択できるようになってきました。子供との大きな違いは、一般生活と切り離せないという点です。働いている方も多いと思いますが、ライフスタイルに合わせた歯列矯正の方法を選択することが成人矯正の大きな特徴といえます。

小児矯正について

小児歯列矯正とは、大人の矯正のように負荷をかけて歯を動かすというよりは、顎の成長をコントロールすることで適正な歯並びに整えていくという考え方のほうが分かりやすいかもしれません。また乳歯から永久歯に生え換わる時期でもあるので、それをふまえた上で矯正治療を行うことが大切です。

 

 

幼児期の歯列矯正・・・

乳歯が正しく生えるかどうか、それによりその後の永久歯の生え方が変わってきますので、事前に問題が起こらないよう予防することを考えます。

 

小学生の歯列矯正・・・

この時期は歯列矯正というよりも、顎が正しく成長するようにサポートすることが多くなります。顎に適切なスペースがあれば永久歯がキチンと生えてきますので、最も矯正治療に適した時期ということになります。

 

中高生の歯列矯正・・・

中学校を卒業する頃になると、顎の成長も終わり大人と同じ骨格になると言われています。ですので、学生のうちに受けるのか、社会人になってから治療を開始するのかがポイントです。

無料メール相談