小児歯科について

やまねデンタルクリニックの小児歯科の目標は「大人の歯を虫歯にさせない」ところにあります。ここに本気で取り組むことが、最終的には患者様とその家族が一番望んでいることだと考えております。大人の歯を虫歯にさせない治療をお子様にきちんと受けていただくことで、私たちの気持ちが皆様に届けば幸いです。

 

 【お子様の虫歯の治療は2種類】

 

1つ目は「虫歯を削って詰める治療」

これは、あくまでも対処療法になります。

 

2つ目は「お口の中の環境を良くすること」(予防)

虫歯になった原因を一緒に考え、虫歯ができないように本人、ご家族、そして私たちと協力しあって予防していくことです。

 

例えば、乳歯が小さな虫歯になってしまい、あと少しで大人の歯にかわろうとしている歯を削るのが良い治療かを考えます。もしかすると、本人には「歯医者で削られる恐怖」だけが残ってしまい、今後、定期的な検診に来ることが嫌になってしまうかもしれません。

虫歯は生活習慣の感染症なので、原因を治さないと再発します。

お子様の生活習慣は大人が把握できますので、虫歯の原因を一緒に解明することが大切だと考えています。

口腔内が悪い状態にあると、子供の成長に大きく影響するという研究結果が発表されるようになりました。また、子供の向上心をそいでしまうというデータもあります。

私たちは子供たちの将来に、とても大きく影響する仕事であるという自覚を持って、小児の治療に当たらせていただいています。

治療の流れ

やまねデンタルクリニックでは緊急を要する場合を除き、いきなり処置を始めることはいたしません。お子様のお口の状態や、虫歯になった原因を正確にご理解くために、診査やお話をさせていただきます。

一方的な説明ではありませんから、わからないことやご心配なこと、どのようなことでもお話しください。皆さまに関心を持っていただくことが一番大切だと考えています。納得できるまでお尋ねください。

フッ素とは?

フッ素には歯の再石灰化、細菌の活動の抑制、エナメル質の強化などの効果があり、フッ素を歯に塗ることにより、虫歯を予防することができます。年に2~3回程、継続して塗るのが効果的です。生えたての歯はフッ素を吸収しやすいので、1歳くらいから歯がはえる度に歯科医院で塗布してもらうとよいでしょう。(保険適用外)

シーラントについて

奥歯のかみ合わせの部分にある溝は汚れがたまりやすく、そこから虫歯が発生します。その溝の部分にプラスチックを流し込み埋めてしまうのがシーラントです。

シーラントにはフッ素も含まれています。(保険適用)

生まれたばかりの赤ちゃんに虫歯菌はいない!

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。

ではなぜ虫歯になってしまうのでしょうか。 離乳食を子供に食べさせるときに、お母さんが一度口をつけたものを子供に食べさせることがよくありますが、お母さんの歯が虫歯になっていると虫歯菌が子供へうつってしまうのです。乳歯の虫歯は永久歯よりも進行が早く、小さな子供にとって歯の痛みや虫歯治療は負担が大きいものです。

早期発見のためにも定期検診をおすすめします。

 
 
無料メール相談