入れ歯の種類

総入れ歯
総入れ歯とは、歯が1本も無くなった際に使う入れ歯の事です。部分入れ歯が健康な歯で入れ歯を支えるのに対して、総入れ歯は義歯床が歯ぐきに乗っただけの状態です。健康保険適応の総入れ歯はプラスチックのものになり、保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。
 
部分入れ歯
抜歯などの後の粘膜に、人工歯のついた床を乗せて支え、残った歯に「バネ(クラスプ)」をかけて安定させるものです。1本だけ失った場合でも、1本しか歯が残っていない場合でも部分入れ歯を入れることが出来ます。
 
金属床義歯
金属床の「床」という言葉は、土台となる部分を指しています。この「床」を金属で作るか、レジンで作るかで大きく変わってきます。金属で作ることで、高い強度や、床の厚みを大変薄くすることで違和感を減らすことが期待できます。
 
ノンクラスデンチャー
金属バネのついていない、保険適用外の入れ歯です。見た目が美しく、装着後の付け心地もいいことから、自費の入れ歯の中でとても人気の高い入れ歯です。
 
*特徴*
1,金属バネがない

従来の部分入れ歯にあった金属のバネがありませんので、大きく口を開けても笑っても入れ歯だとはわかりにくく、気にすることなくご使用いただけます。


2,薄くて軽い
入れ歯本体が従来より薄く、軽い素材でできています。つけ心地も良く、違和感も少なくなり、普段の会話も弾みます。

3,弾力がある
残っている他の歯を金属バネで固定していないので、負担がかからずにしっかり噛むことができます。
無料メール相談